死にたいって、言って良い。 精神保健福祉士ともひろのブログ

マイナス感情の中の望み(意欲)に気づいた時。

最悪の状況を想像してみる。

僕にとっての

最悪の状況を想像してみる。

 

 

 

例えば、

 

 

誰からも必要とされない

 

とか

 

独りぼっち、孤独

 

とか

 

世の中全ての人から嫌われる

 

とか

 

無職でニートで社会的信用もなくなる

 

とか、色々。

 

 

 

 

 

眺めてみて想うのは

 

全部、周囲から〜される。

 

といった表現になってること。

 

 

で、描いてて想ったのは

 

 

ゆきつくさきは

自分のことが嫌いで嫌いで

たまらなく嫌いになること。

なんだと想う。

 

 

 

 

これを、

〜したいって、

意欲の面から眺め直してみる。

 

 

そうすると、

 

 

つながりを感じたいのに、

誰ともつながりを感じる事が出来ない。

(孤独)

 

誰かの役に立ちたいのに、

誰の役にも立てない。

 

誰かの

癒しの、

意欲(望み)に気づく、

きっかけになりたいのに

なれない。

 

自分の生きがいを

果たし続ける生き方をしたいのに

惰性で生き続ける。

 

 

自分のことを

誰よりも愛したいのに、

応援したいのに、

そのことに気づかない。 

 

 

 

僕は

つながりを感じたい人

誰かの役に立ちたい人

誰かの

癒しの、

意欲(望み)に気づく、

きっかけになりたい人

自分の生きがいを果たし続けたい人

 

そして、

僕自身を大事にしたいひと。

 

 

 

 

 

最悪の状況を想像してみることは、

 

意欲の側からみると、

私はどういう人で在りたいのか

教えてくれる。

 

何を大事にしたいのか教えてくれる。 

 

 

 

最悪の状況を想像してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分に耳をすませてみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当のあなたは、

どうしたい人ですか?