死にたいって、言って良い。 精神保健福祉士ともひろのブログ

マイナス感情の中の望み(意欲)に気づいた時。

病気を嫌ってもいい。

病気は悪いもの?

 

 

 

僕は30年生きてきたけど

 

大して大きな病気にかかったことがない。

 

だから

 

実際うつとか、適応障がいなんて状態になったら

 

自分がどう思うかわからないし

 

そう診断されてる人たちの気持ちは

 

本当にはわからない。

 

 

 

 

ただ

 

 

病気を悪いもの

 

なくしたいもの

 

消し去りたいもの

 

 

って想うほど

 

 

あまりよくはならないのだろうな

 

 

 

 

想ってる。

 

 

 

病気は

 

特に精神系のものは

 

身体から自分に向けたメッセージ

 

 

 

悪いことと捉えるのも

 

良いことと捉えるのも

 

自分次第。

 

 

 

自分の病気を嫌うことは

 

 

自己否定や、

 

自分を責めることにつながりやすい。

 

病気のせいでっ、あいつのせいでっ、

 

て、自分の外側に矛先を向けると

 

自分でコントロールできない世界で戦うことになる。

 

そうして、

 

自分の本当の気持ちを押しつぶしていく

 

気づかないまま。

 

 

 

 

 

 

 

 

病気を悪いものだっておもっていい。

 

なくしたいっておもっていい。

 

消し去りたいっておもっていい。

 

 

 

 

 

そんな時

 

 

私が病気を嫌うことが「出来る」のは

 

私が何を大切にしてるから?

 

私にはどんな望みがあるから?

 

病気が「ある」から私が気付けたことは?

 

出会えた人は?

 

 

 

 

 

 

病気に感謝できるほど

 

手をつなげるほど

 

病気のほうから手を離して見守ってくれるのかもしれない。

 

役目を終えたかのように。